ラーメン懐石(コース料理)

0
    JUGEMテーマ:グルメ

    〜〜〜〜〜〜〜会員さま限定【塩らーめん懐石】コース料理のご案内〜〜〜〜〜〜〜


    先日は第一弾として、【採算度外視企画】の匠イベントを開催させて頂き
    みなさんに、贅沢に海老を楽しんで頂きました。
    次回は、さらにグレードアップの【採算度外視企画】第二弾!


    あいうえお初代頑固マスター田中秀明が振る舞う!
    塩らーめん懐石のコース料理をご案内させていただきます。

    http://aiueo.nu/sp/wine/index.html
    ※2014年現在の詳細は こちらをご覧ください。


    【塩らーめん懐石って?】
    例えば、フレンチ出身の方、イタリアン出身の方がラーメンをコースに組み込んで
    予約制でやっていらっしゃるお店はあります。
    もちろん、こだわりを持ってやっていらっしゃるとは思いますが、何をお客さんに出しているか
    というと、やっぱりフレンチであったり、イタリアンだったりするんですよね。

    そこに、〆ラーメンがあったり、ラーメン添えなんとかだったり(笑


    いけないという訳ではありません。
    それはそれで楽しみ方があると思いますから。
    さらに、技術もキャリアも僕なんかよりは、もっともっとある。
    (のではないだろうか?と思う)

    でも、それってラーメン?

    いつも、ラーメン屋だから・・・という制約に縛られない!と言ってますが、決して
    奇抜な事をしたいと言ってる訳じゃなくて、根本的な僕の考えは、ラーメン屋だから
    お客さんにはラーメンを食べて幸せになって欲しいと思う。


    ラーメン屋でもフレンチを出したら、それはフレンチなんです。
    奇抜なラーメンだけど、それって『鹹水(かんすい)が入ったパスタじゃんっ』
    もっと言っちゃうと、何を食べさせたいか?がごちゃごちゃになって
    都合良く「創作料理」と表している所もあります。


    友人で尊敬するフレンチの稲本亘シェフはこう言います。
    「奇抜さにこだわるのではなく、クラシックにこだわる。クラシックとクラシックの
    掛け合わせ方がアイデアだ。歴史と伝統に敬意を表して」と。
    彼が作るのは『フレンチ』です。
    食材や調味料が日本のものであって、食べるとやっぱりフレンチなんです。



    そこで大切な会員のみなさんには、もっと料理で感動してもらおう、
    もっとラーメンの可能性を楽しんでもらおう!
    そんな思いでこの企画を考えました。
    またの名を『ラーメン解析』(笑

    ご存知かと思いますが、ラーメンは様々な具を使い、様々な行程で出来上がります。
    一杯のラーメンは言ってみれば、縦に積み上がりますね。
    それを、横に拡げたのがラーメン懐石と僕は考えます。


    例えば、コンソメを使うお料理を鶏ガラでやってみる、チャーシューを
    少し変わった角度で楽しめるように工夫する、お葱は薬味以外にも
    スゴイ使い方をしてみる! 他、前菜からデザートまで
    ラーメンに関連づけたお料理で楽しんでもらえる工夫をしてあります。



    みなさんが知っていて普段口にしている素材でも、ちょっと発想を
    拡げて工夫をしてみると、意外な楽しみ方も出来るんですね。



    大切なのは「コンセプト」

    僕らはラーメン屋なので、フレンチでも中国料理でもなく、ラーメンを
    楽しんでもらいたいのです。



    【お料理はどんなメニュー?】
    こちらは、仕入れ、仕込みの関係で完全ご予約制とさせて頂きます。
    内容は以下の通りです。(一部お楽しみという事で伏せ字になってます)


    1:先付け(お楽しみ)
    2:大山鶏の巻物 梅とイチゴ
    3:パプリカとナスの前菜 ◯◯のジュ
    4:鶏白湯のフカヒレスープ
    5:海鮮類の◯◯炒め ラーメンのお帽子で
    6:美梅豚のごろっとチャーシュー 青菜添え
    7:タピオカと◯◯のミルフィーユ 生ウニソース
    8:〆ラーメン 贅沢な海老の担々麺
    9: デザート ◯◯の杏仁豆腐 蕎麦のジュレと蕎麦の◯◯かけ

    お食事の後は、美味しいお茶を可愛い茶器で!



    【食器は?】
    ここまでいっちゃうと、もう趣味というしかないので(笑)
    食器も、マスターの個人的な趣味で主に「Herend(ヘレンド)」を中心に
    「ウエッヂウッド」「リチャードジノリ」を使います。
    もちろんグラスはReadel(リーデル)のヴィノムシリーズです。
    好きな人にはたまらないかもしれませんね(嬉


    お飲物は、基本的にお料理に合わせてワインをご用意しております。
    こちらだけで、お一人分は元が取れてしまいます(笑
    どうしても、という方はビールもご用意しておきますが・・・

    出来れば、ワインを召し上がって頂きたいのですが
    お車の場合は、ソフトドリンクがありますのでご安心下さい。



    【いつ空いてるの?】
    予約可能な日程をご確認の上、ご予約のおメールを返信して下さい。

    21(水)お昼の部 空き   夜の部 予約済
    22(木)お昼の部 空き   夜の部 空き

    26(月)お昼の部 空き   夜の部 予約済
    27(火)お昼の部 空き   夜の部 予約済

    29(木)お昼の部 空き   夜の部 予約済
    30(金)お昼の部 予約済  夜の部 空き


    一日二組くらいしか承れないと思いますので、1960名(07.11.18現在)の中から
    ほんの十数名の方しかご提供できません。ごめんなさい(汗
    恐れ入りますが、出来ればお二人ペアでのご予約をお願い致します。

    (お一人をご希望の場合は、なるべくご希望に沿うようにしたいと思ってますが相席でお二人と
    させて頂く場合もありますのでご了承下さい)

    時間帯は調整可能です。
    お昼の部はスタート時間が11時〜12時〜または13時〜14時スタートまでのお時間帯で
    承る事が出来ます。

    夜の部も、目安として18時〜とか19時スタート、20時スタートで承る事が出来ます。
    ご予約の際に、ご希望のスタート時間帯をお知らせ下さい。


    【場所はどこでやるの?】
    色々と候補もあったのですが、普段のマスターとのギャップも楽しんでもらうという事で
    場所は、ここ「塩らーめん あいうえお」のカウンターをお二人で独占して頂きます。

    ドレスコードはございません。
    ちょっとお洒落をして頂くと、さらに楽しみも広がるかもしれませんね。


    【金額は?】
    今回もマスターが直接築地に行ったり、信頼のおける業者さんから取り寄せてもらった
    貴重な食材をふんだんに使い、たっぷりとお楽しみ頂きます。
    しかも、合わせるのが難しいのですが、ばっちりのワインを選びました。

    お飲物、税、サービス料、すべて込みで金額は、お一人さま10,000円です。



    【予約方法は?】
    以下の項目をご記入の上、メールでご返信下さい。
    件名に『コース予約』と書いて頂けると有難いです。
    __________________________
    お名前:

    希望日時:第一希望(昼・夜) 第二希望(昼・夜)第三希望(昼・夜)


    苦手な食材:

    __________________________


    【満足保証】
    ホントは会員さん全員に召し上がって頂きたいのですが、物理的にどうしても限られた
    人数の方にしかご提供出来ません。
    金額も、さすがにラーメンの値段という訳にはいきませんが、万が一、お料理に
    ご満足頂けない場合はお代は頂きません。

    内容は、商売を全く無視して(笑)趣味のようになってしまってますが、もちろんお遊びではありませんよ。
    違った角度からですが、本気の職人仕事です。


    また、普段、中々ゆっくりとみなさんとお話する機会も少ないですが、他のお客さんは
    いませんので
    ある意味、マスターを独占です(笑
    今回は心からおくつろぎ頂ければ嬉しいです。


    いつもと違ったラーメンを是非お楽しみ下さい。 
                                          田中 秀明


    『試食したノリから』
     ノリです。今回マスターの自宅でいくつか試食をさせていただきました。
    マスターには失礼ですが想像を超えていて逆に安心しました(笑)
    はっきりいって、コースは金額だけを見るとそんなにお安いものではないですし、
    今回1日2名様2組程度しか提供できません。

     今回このご案内を読んでいただき、会員さまの大切なお時間を
    このコース料理に使ってみたいと思われたかたは是非ご予約していただければ幸いです。

     いつもとひとあじ違ったあいうえお初代頑固マスター田中秀明の底力…見届けにきてください。

                                          柳川 貴裕
     

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    できるブログ
    できるブログ (JUGEMレビュー »)
    田口 和裕, できるシリーズ編集部

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM