一番弟子のノリから学んだこと

0
    あいうえお一番弟子のノリ


    【料理は愛情ということを教えてくれた弟子】

    レシピも大事かもしれない。
    でも、同じレシピで作っても同じ味なはならないよね。


    技術なのな、経験なのか、栄養素意外の何かが働いているとしか思えない。



    例えば、三番弟子のミキが作ったスープで作るラーメンはマスターの味になるし、四番弟子の豊和が作ったスープで作るラーメンもマスターの味に仕上がる。


    逆に、マスターが作ったスープでミキが作っても、豊和が作っても、それぞれの味に仕上がるんだよね。


    塩ダレとかカエシとか使わないから、レシピの問題じゃなくなるよね。


    …とするとエネルギー?
    言い方を変えると波動とか…それって想いってことだと思います。


    そう、どういう波動かってね…



    ノリはあいうえお入団当時、まともに包丁も持てなかったんだよね。


    ちょっとネギを切っといてくれ!なんて頼もうもんなら、自分の指を切っちゃうくらいで、切り落とした手の皮が見つからないから、泣く泣くザルごとネギを捨てたりしてたくらい(笑)


    今でこそ笑い話だけど、当時はもちろん笑えないよ。

    といっても怒鳴る訳にもいかないし…微妙な空気があの狭いカウンターの中で流れていてノリも辛かったと思う。


    そんな中で、いろんなことを二人で経験させてもらったけど、一番僕に影響を与えたのは、技術じゃなくて知識じゃなくて、基本中の基本である【心を込めて作る】ってこと。


    足腰に不安がある中でも、自分がもし食べるなら、食べ終わった時にこんな気持ちになりたい!

    そんな思いでノリなりに少しずつ試行錯誤を繰り返していたのは、手に取るように分かっていた。


    料理の経験もなく、ましてラーメン屋で働いたこともない中で、一生懸命に貫いたのはこの気持ちだったと確信している。


    【権之助坂を軽い足取りで登って欲しい】

    そのために頑張るって言い出したのはノリだし、その思いは今も継承している。


    料理は愛情って本当だと思う。
    それを教えてくれた弟子に一生感謝しています。


    ありがとう。

    【塩の使い方・自分の使い方】

    0


      おはようございます。
      5000人のファンから愛されるマスターです。
      『お店の力=店ヂカラを上げる今日の一言』

      【塩で味付けをするな!素材を引き立てるために使おう〜大切な人の笑顔に輝きを添える存在でありたいと思います。】
      自分が!自分が!と主張し過ぎると、すべてが台無しになっちゃうよね。

      気をつけていても、気がつかないうちな自分のことを押してしまいがちだから、人を引き立てるくらいがちょうど良い。


      今日もギュンギュンと最高の一日をお過ごしください!





      山形の酒田で勉強ラーメン!

      0
        ラーメン協会のセミナーに参加させて頂きました。


        きっかけは、五福星の親方のFacebookで見かけて、参加しないか?とお誘いして頂きました。


        親方とは、ここ数年、毎年、陸前高田のお祭りでお世話になってます。

        セミナーの数日前、ちょうど僕がコースのラーメンを作っている時にお電話を頂き、丁寧に、酒田までの道案内をして頂きました。


        土地勘もないので、とても助かりました。

        どさん娘ラーメンの塩ラーメン


        酒田駅に着くと、金髪のイカツイお兄さんがグングンと早歩きで会場と思われるホテルを目指します。


        あぁ恐ぇぇ〜ラーメンって(笑)


        僕は、朝から食事もせずに新幹線では勉強していたので、とにかくお腹が空いて空いて仕方がない状態。


        思わず、会場の向かいにある、どさん娘ラーメンに入りました。

        普段なら、絶対と言っていいほど入らないのだけど…


        15分くらいして、猫舌の牡丹にも優しいラーメンが出て来ました。


        のんびりしていて、なんだかほっこり。


        さぁ!セミナーに行こうっと!


        探し行こう!

        0
          ローストビーフ

          以前、大好きなある人がこう聞いて来た。


          ねぇ、あなたはどのホトトギス?

          鳴かぬなら…

          殺してしまえ…
          泣かせてみせよう…
          泣くまで待とう…


          ちょっと日本語がおかしいけど(笑)


          その人は、こう言った。
          私はね、探しに行こう!鳴くホトトギス。


          僕はこう答えた。

          自分で鳴こうホトトギス。
          まずは自分が鳴いてみせて、これがお手本だよーって。


          後はそれをどう受け止めて吸収するかは、その人次第。


          そんな姿を見せる絶好の機会がマスターデイでもあります。


          マスターデイについて

          まずは、動いてみようホトトギス!か!?なんちゃって(笑)

          目黒で勉強ラーメン

          0
            目黒かづやのラーメン

            いつだったかは忘れてしまったけど、目黒だったら、かづやさんが好きかなぁ〜

            いつも、チャーシューワンタンの大盛りを頼みます。

            たまには違うのにしてみようかなあ。

            今回、初めてだけど、こういう向きで提供されました。


            ラーメンマニアの方は、麺相というらしい。

            今までは、逆にチャーシューが手前に来たいました。


            まあ、海苔が写真の通りの向きだよ!と主張してくれているので正しいのでしょう。

            個人的には、向きって結構大切かと思っています。


            味は変わらんだろう!とおっしゃるかもしれないけど…変わると思うよ。


            少なくとも、食べる順番にも影響するだろうし、そうなれば当然感じ方も変わるよね。

            配置によってスープに溶け出す具材でもちろん変化するし。

            とはいえ、こう出してもらったので、素直にそう頂きました。


            うーん…気のせいかなぁ〜やっぱり違う気がする。


            けど、移転してから何回かお邪魔しましたが、その都度変化があるので、麺相の影響かは分からないなぁ。

            味は確実に変わってる。
            椎茸載せないからかなあ…


            ごちそうさまでした。

            日光で学んだ飲食店

            0
              先日、土日で日光に行って来ました。
              日光駅

              初めて日光に来たまりもははしゃぎまくり(笑)

              北川まりもさん
              僕も小学校以来かな…


              主たる目的は、今磨きをかけている陰陽師?のエネルギーワークの合宿なんですが、日光に到着したお昼の食事で面白くてためになる飲食店に入ったので、そのことに触れたいと思います。


              目的のお店は、最新のガイドブックに載っていた和食のお店で湯葉定食を楽しみにしていたのですが、いざ到着してみると、テナント募集の貼り紙が…

              なんだよーと残念な思いで別な候補を探そうと目に飛び込んで来たのがこれ!
              日光駅前の飲食店

              ステーキやらローストビーフやら、糖質制限で炭水化物を抜いてる先生もニコニコ!


              ということでお店に入りました。

              店内は誰もいなくて、ぷーんとスパイスの香りが漂っています。


              『まるで本格インドカレー屋さん』のように。


              しばらくして、インド人なのか、ネパール、パキスタンなのか分かりませんが、そちらの方が戻って来て注文。

              メニューはこちら!
              店内メニュー


              左側が見切れてしまいましたが、ステーキどんぶりとステーキ定食で、おそらくステーキどんぶりに注目が集まると思われます。


              明らかに、テンションが下がり期待をしていない様子の御一行さま(笑)

              それでも、最高の人生を生きる!というみなさん、それぞれにフレームチェンジをして、こんなにインパクトのあるお店にはなかなか来られないね〜なんて笑ってました。

              大人ー

              ちなみに、六人で入りましたが、そのうちの四人がステーキどんぶりでした(笑)

              僕はお肉に期待が出来ず、固いお肉を食べるのが嫌だったので、無難にハンバーグ定食にしました。


              ちなみに、一緒に行った幼なじみの彼女は賢くカレーにしてました。


              実際にお料理が出て来ると、みなさん、だんだんおとなしくなってしまいました。


              おーい!
              蟹食べるのは夜だよーと(爆


              ハンバーグは鳥肉がメインか前部か、少しマトンのような香りもしました。


              そそくさとお会計をして出ましたが、いくつか勉強になりました。


              まず看板ですが、とても良く出来ています。

              日光駅前の飲食店の看板


              こんなのや


              そしてこんなのを
              看板右側


              期待して入る訳です。



              が、中に入ると明らかにカレー屋さんの香りに包まれる。

              まず違和感を感じます。


              店内メニュー

              そしてメニューがこれで、さらに違和感。もっというと嫌な感じ?


              実際に出てきたハンバーグはこれ!



              ヤバイでしょ!
              あ、写真にはサラダが付け合わせになっていますが、実際はみなさんと一緒に別盛りで来ました。食べなかったけど。

              そして、食べてスゴく美味しかったら、今までのマイナス分以上の反動でかなり感動するのでしょうが、味も日本人の皆さんには響きません。

              日光は湯葉!

              今回は僕たちが湯葉を期待していたのが変更になったので余計にかもしれませんが、そうでなくても、感動も喜びも与えてくれません。

              マイナスはさらに加速します。


              我々飲食店は、お客さんの有限の食事回数のうちの貴重な時間をかけていただきます。

              かなり大きな賭けです。

              観光地ならさらに特別ですよね。



              あそこに行ったら、あのお店のアレを食べたいと思ってもらいたいし、さらにアレを食べたいから、あそこに行こう!と思ってもらいたいです。


              それでも楽しかったね


              …と、かなり勉強になる一食でしたが、皆さんニコニコ!


              そうです。

              やっぱり、何を食べるかも大切だけど、誰と食べるか、大切な人と過ごす食事が1番ですね。

              僕らはそのサポート役として精一杯頑張ります。

              | 1/108PAGES | >>

              calendar

              S M T W T F S
                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              3031     
              << October 2016 >>

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              recommend

              できるブログ
              できるブログ (JUGEMレビュー »)
              田口 和裕, できるシリーズ編集部

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM